「みやざき子ども文化センター」は、すべての子どもが人として、おとなと共にのびやかで豊かに生きられる社会を目指します。

ibentonikki

9月の「街の小さな音楽会」お知らせです!

 9月の「街の小さな音楽会」は1年ぶりに演奏してくださいます啼鵬(TEHO)さん(バンドネオン)と金 庸太さん(ギター)です。

 宮崎に来られるときに、子どもたちのために素敵な演奏を披露してくださいます。

 今回もワクワクしながらこの日を待っているところです。

 

 なかなか聴く機会の少ないバンドネオンそしてギターの演奏をみんなで楽しみましょう

 お電話・メールお待ちしていますね。

平成27年度 7月の「街の小さな音楽会」とても楽しかった!

  7月14日(火)街の小さな音楽会。

 今回の演奏者は、パーカッションの谷口潤実さん&ギターの愛川義夫さん。

 雨続きでうんざりしていた今日この頃でしたが、お二人の演奏に会場に来てくださった子どもたちやお母さん・お父さんもワイワイ/ノリノリ 心から楽しんだ30分でした。

 曲目はタンゴ、ボサノバ、サンバと夏にぴったり!

 ラ クンパルシータ

 リベルタンゴ

 タンゴアンスカイ

 オーバーザレインボー

 宇宙飛行士

 

 演奏の合間に、リズム遊びを入れてくださいました。持参されたお野菜型のマラカスを子どもたちに配り、「ドレミの歌」を全員で歌いながら手にしたマラカスをがしゃがしゃ。音楽会が終るときにも「おもちゃのチャチャチャ」で楽しみました。


 演奏終了後、みんな大好き「お茶会」です! 

 演奏者も加わって、ワイワイとお菓子を食べたりお茶を飲んだり、はたまた演奏者への質問とニコニコ、ニコニコ笑顔がいっぱい広がりました。

演奏者とお話しする機会はなかなかないので、いろいろお話しされてました。

 

 雨続きであちこちカビだらけ・・・心のカビは今日の演奏会で取れましたよね

 楽しかったね






7月の街の小さな音楽会を開催しました♪゜・*:.。. .。.:*・♪

7月の街の小さな音楽会はテノール歌手の内之倉勝哉さん、ピアノの藤田剛さんをお招きしての楽しいコンサートでした。

 

内野倉さんはオーストリア、ウイーンから帰省されたばかり。昨年の7月にも帰省されていた内之倉さんに街音で歌っていただいたんです。その時にも会場に来て歌声を聴いたという男の子も今回再度会場に来てました。「声の大きなお兄ちゃん」と覚えていたそうです。よく覚えていたね!彼の心にしっかり残っていたんですね。

 

「オー・ソレ・ミオ」で始まり、「待ちぼうけ」、かわいいトイストーリーのお人形が登場しての「君はともだち」、会場のお母さん方も一緒に歌った「海」(小豆で波の音をだす小道具も登場)、オペラ「愛の媚薬」より「なんてきれいでかわいい人なんだ!」も会場からお一人特別出演していただいて、その場での楽しい演出もあり、短い30分の音楽会が楽しい構成になっていました。

 

豊かに響き渡るテノール+小道具も使ったパフォーマンスでほんとに楽しく笑顔あふれるコンサートでした!

 

音楽会終了後のいつものお茶会にもお二人残ってくださって、多くのお母さん方とお話されていました。

 

内之倉さん、藤田さんありがとうございました

大塚中学校2年生、職場体験で頑張りました!

6月17日(火)、18日(水)、19日(木)と大塚中学校から2年生3人(男子生徒2名 女子生徒1名)が、子ども文化センターに職場体験にやってきましたヽ(^o^)丿


とても意欲満々で礼儀正しく、明るく元気な3人。

ホームページも事前にちゃんとチェックしてきてて、説明もよく聞いてくれるし・・・

NPOって知ってる? (ー_ー)!!  うん、これはちょっと難しいよね。


17日から19日まで午前中は「夢創り人」のガイドブック(250冊)作成にかかっていただきました。午後は隣の江平第二児童クラブでお掃除、絵本の整理、児童クラブの子どもたちの作る工作等の下準備などなど・・・忙しい3日間でした。途中、担当の先生もよってくださって、生徒さんたちとお仕事してくださいました。(^_^)v


それから、文化センターでの3日間でたくさんの人たちに会いましたね。センターのスタッフや児童クラブの指導員、チャイルドラインの事務局長、子育てネットの多くのメンバー、ソプラノの東さん・・・などなど。人に出会うことは、一つ宝物を手にしたことになるからね。


3人とも毎日部活に取り組み、今の自分のことや将来のこともしっかりと考えている。今回の職場体験でもどんなふうに活動したいとか、子どもたちに接することへの思いなどほんとに良く考えていました。爽やかで素敵な3人、明日から会えないのが残念です。


短い日程でしたが、何かが彼らの心に残るといいな・・・と思っています。


5月の街の小さな音楽会「天野SHOコンサート」開催しました。

昨日(5月26日 月曜日)街の小さな音楽会は、ロックシンガー天野SHOさんを迎えて開催しました。会場のみなさんは天野さんの歌声とベースギターの音色にユラユラゆれて、緩やかに流れる時間を楽しんでいました。


あの、天野さんのハスキーな歌声!

そして、なじみのある曲目(Let It Be、Imagine、Stand by Me、ドレミの歌など)

30分ほどの短い時間が、心豊かな大切な時間になりました。


世界中の子どものためにも「ベースと歌」だけのスタイルで演奏活動を続ける天野さん。

チャリティーコンサートを開いたり、今回もって見えたCD(500円)も売り上げは全額子どものために寄付されるそうです。


思いのある人は、相手の心に感動をもたらすものですね。

キッズゴスペル 子どもの日にきよたけ児童文化センターで歌う!

きよたけ児童文化センターでは「おいでおいで子どもフェスタ」が4月26日より5月6日の期間開催されていました。


5月5日子どもの日には「みんなのコンサート」が開催され、キッズゴスペルクルーも4曲披露しました。

直前の声出しでは、ちょっと心配な状態だったのですが、本番はばっちりと仕上げてきました。子どもたちって本当にすごいんです!大抵、本番には力を発揮します。

多くの人にこの歌声を聴かせたい・・・と思います。

ホッとアートプレゼント ♪ 素敵なコンサートを開催しました ♪

4月27日(日)、宮崎オーシャンライオンズクラブさんの助成で、「児童養護施設 再生会 さくら学園」でピアノとバイオリン+タップダンスのコンサートを行いました。


4歳くらいから高校生までの子どもたちは(みんなとても仲良しなのです)この日をとても楽しみに待っていてくださったとのこと。

今回の演奏者は松浦宏臣さん(ピアノ)永野真一さん(バイオリン)、そして鹿児島から来てくださったタップダンサーの貴丸さん。


松浦さんと永野さんの演奏で始まったコンサートは、途中バイオリンに触れる体験がありました。永野さんが子どもたちに合わせた少し小さ目のバイオリンを持ってきてくださったので、代表の子どもたちがちょっと不安げに、でもそれ以上に楽しそうに永野さんにリードしてもらって演奏していました。


貴丸さんはタップダンスで子どもたちを釘付けにしました。松浦さんと永野さんとの共演で軽快な「ハンガリー舞曲第5番」「チャールダッシュ」を踊り、最後の曲「霧島」(バイオリニストの葉加瀬太郎さんが、霧島に来て霧島を見て作った曲だそうです)では霧島の山々を連想させる、ゆったりと広がりのある演奏に合わせたタップを披露してくださいました。

タップも体験の時間があり、みんなで足踏みやハンドクラップで楽しんだんです。


演奏会終了後も子どもたちは演奏者の周りを取り巻き、多くの子どもたちがバイオリンをひいたり、タップダンスの貴丸さんにタップの靴を借りて履いて踊ってみたり・・・楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。


さくら学園の元気な子どもたち、素敵な職員の皆さん

心に残る時間を持てましたこと、ありがとうございます。


今回の演奏曲

歌の翼

ユーモレスク

チャールダッシュ

ハンガリー舞曲第5番

霧島



街の小さな音楽会 2年目のコンサート開催しました!

昨日までの雨もすっかりあがって、さわやかな青空が広がった今日、街の小さな音楽会を開催しました。


昨年の4月に始まった「街の小さな音楽会」は、今日が2歳のお誕生日。会場に来てくださる音楽が好きで、子どもとゆっくり演奏を聴こうというお母さん方が応援して、支えてくださいました。感謝いたします。


2年目の最初の音楽会の演奏者はクラリネット奏者の平山美津代さんとピアニストの松浦宏臣さん。

息の合った演奏と会話で楽しい時間を作ってくださいました。

「Always smaller」では、クラリネットが少しずつ分解されていき、最後は先端部分のみでの演奏となるとても愉快な曲でした。クラリネットは5つに分解できるんですねヽ(^o^)丿


松浦さんは演奏途中のお話しの中で、「残念ですが、日本には街音のように親子が音楽を楽しむコンサートをするという習慣がない。会場に来ていらっしゃるお母さん方、コンサートをしてほしいという声をあげてくださいね。」「子どもたちに楽器を体験させ、音楽に興味を持たせることも自分たち音楽家の仕事の一つだと思います。」と話されていました。


30分の時間はあっという間に過ぎていきました。


今回も素敵な音色の楽器に魅かれて、小さな子どもたちが演奏者のそばまで近寄り見つめる姿が何度か見られました。とても素敵な光景です。


今回の演奏曲目

夢路

愛の喜び

Always smaller

シャボン玉

七つの子

クラリネット ポルカ

キッズゴスペルクルー 街で歌う!(宮崎国際ジャズデイ2014×宮崎ストリートピアノプロジェクト)

4月19日(土)アートセンター1階の太陽の広場でキッズゴスペルクルーが元気な歌声を披露しました。


今回は今月30日に開催されます「宮崎国際ジャズデイ2014」と家庭などで使われなくなったピアノを、再び街の中で弾いてもらう「ストリートピアノ」のコラボイベントでの演奏でした。


土曜参観日等がいくつかの小学校であり、子どもたちの出演が少なくなるかなと心配する中、全員が出演し、昨年新たにメンバーになった一人がステージデビューするという、うれしいコンサートになりました。


今回の曲目

OH HAPPY DAY

にじ・そら・ほし・せかい

Amazing Grace

This little light of mine


次回のキッズゴスペルクルーの演奏は、5月5日の子どもの日でのきよたけ児童文化センター「おいでおいで子どもフェスタ」になります。この日はみやざき犬もやってくるそうですよ。

キッズゴスペルクルーとみやざき犬、楽しみがいっぱいの子どもフェスタにお出でください!



子育てネットワーク会議開催しました。

今日は今年度初めての子育てネットワーク会議を開催しました。子育てネットワークは地域で子どもの成長を見守り手助けする16の団体で構成しています。活動内容もミッションも違う団体が集まったネットワークですが、子ども支援・子育て支援に熱い思いと情熱を持っているのはみんな一緒なのです。


今日の会議には12団体、宮崎県こども政策課、宮崎市子育て支援課あわせて21名が参加し、新年度の顔合わせ、県や市の事業説明、また今年度の取り組みについて話し合いました。


毎年、子育て中の保護者や行政・支援者・企業などが一堂に集まり、情報の発信や啓発、交流ができる「未来みやざき子育て応援フェスティバル」の開催を子育てネットワークが中心となり行っています。

今年度もさらに多くの方々と連携し楽しく学びのあるフェスティバルにしたいと思います。


子育てネットワークの活動へのご理解、協力、応援、よろしくお願いいたします。

3月27日(木)、「街の小さな音楽会」開催しました。

今回の演奏者はマリンバの杉村 亜矢子さんとピアノの押川 まりさんです。

 

 マリンバ・・・なかなか聞く機会の少ない楽器ですよね。朝、杉浦さんが楽器搬入でこども文化センターに来られて、改めてマリンバの大きいことにびっくりしました。畳1畳分と言ったらわかってもらえるかしらね。

音色がとても素敵!木でできているからか、乾いた響きのいい音なのです。2本のスティックで右から左、左から右と軽やかに演奏される杉村さん。4本のスティックを持って演奏された時にはざわざわざわと驚きの声が会場から聞こえました。

 

 ピアノの押川さんも優しい語り口でお話をされ、即興の演奏も披露してくださいました。会場のお母さん方から好きな音を言ってもらって、それで春のように優しい曲を作られたのです。レソシラ、

4人のお母さんたちが答えた音階。レソシラを上手に曲にいれて、流れるように優しい春の雰囲気の曲でした。

 

 いつものように演奏の終わったあとの茶話会にも全員が参加してくださって大いに賑わいました。

最後にマリンバにさわれる時間もあり、何人かのお母さんがポンポンと楽しげに叩いていました。

 

 次回は4月23日(水)。演奏者はクラリネットの平山さん、ピアノの松浦さん。新年度1回目の街の小さな音楽会にベテランのお二人が楽しい時間を作ってくださいます。

集まれジュニアアーティスト Art and Craft ~染色~

  染物に取り組みました。染料はインド茜とエンジュ、玉ねぎにどんぐり。Tシャツとバッグを赤・だいだい・黄色・茶色といった色に染める予定です。

 先ず子どもたちはビー玉やボタン、割りばしなどを使い模様づくりをしました。講師の緒方先生の準備してくださった資料でどんな模様になるかわかったので、一人一人好きな模様ができるように一生懸命でしたよ。

 染料に10分、媒染液に10分再び染料に10分つけて、さあ、ビー玉や割りばしを取ってみると・・・わあーー!と子どもたちから歓声が上がります。なんとかわいく素敵な模様ができていました。ビー玉などの結びが弱かった子どもたちは、ちょっと残念に模様がはっきりしなかったけど、しっかり自分たちで次にするときはぎゅっと結ぼうねと話していました。

 外に干したTシャツとバッグは風に揺れて、きらきら輝いて見えました。うれしさのあまり着て帰った子どももいたんです(まだ少し濡れてるのにね。)

 

集まれジュニアアーティスト Art and Craft ~陶器~

10月には陶芸家の伊藤 五恵さんと美術家のエリック・ラーソンさんを迎えて陶器づくりの講座を開催しました。(3回)

 1回目は赤土の粘土を使いお椀を作りました。子どもたちはひんやりした粘土を手にして、クッキーの型ぬきでかわいい形を作りお椀に付けたり、串でいろいろな模様を描いて楽しんでいました。

 2回目は白土の粘土を使いお皿を作りました。スタンプを使って様々な模様を作ったり、アメリカのきれいな色の釉薬を使い色付けをしました。

 3回目はお椀とお皿が焼き上がりました!子どもたちはうれしそうに手に取ったり、見せ合ったりして大満足のようでしたよ。この日は、お椀とお皿2種類のうち一つを「自分の大切な人」「自分の大好きな人」にプレゼントをするためラッピングをしました。子どもたちは思いを込めて熱心にラッピングしました。また、近くにある伊藤先生のアトリエに行き、窯を見せていただいたり多くの釉薬を見て説明を受けたりと、陶芸家のお仕事を身近に感じる時間を過ごしました。

 今回、3回の講座となり忙しい子どもたちが続くのかしらと心配しましたが、みんな大きな熱意をもち楽しんで取り組んでくれました。

 

集まれジュニアアーティストArt and Craft ~箱絵・版画~

こどもゆめ基金の助成を得て、3つの講座を開催しました。

最初は箱絵と版画の講座でした。

箱絵の様子を紹介します。

子どもたちは大小さまざま、形も様々な箱の中から自分の好きな箱を選びました。さあ、何を描こう!

たいていの子どもたちは、あまり迷うことなくスラスラと箱に絵を描き、色を塗っていきました。

出来上がった作品は、とてもわずかな時間で描いたとは思えないくらいステキでしたよ。

 

 

「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.4」開催しました♪

毎日うだるような暑さが続いています(*_*)

 

そんな中でも、夏休みが始まった子どもたちは、元気いっぱいですね♪

 

さて、「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~」。

 

7月の出演者は国内外で活躍の場を広げている宮崎出身のテノール歌手・内之倉勝哉さんと、

県外でも多数のコンサート活動を行い、やさまざまな音楽会やコンクールで伴奏者としても

活躍するピアニスト・藤田剛さん。

 

今回も80名を超える親子の皆さんが参加。会場整理や受付を担当した「江平第2児童クラブ」の

子どもたちも、お客さまの誘導を一生懸命手伝ってくれました(^O^)

 

そして始まった音楽会。拍手に迎えられて登場したのは、藤田さんお1人。

あれ?と思う間もなく始まったピアノの伴奏に乗って、どこからともなく聞こえてくる歌声!

声はすれども姿は見えず・・・。

 

来場者の皆さんと一緒にキョロキョロとあたりを探していると、

突然客席側から立ち上がったのは、なんと歌手の内之倉さんご本人\(◎o◎)/!

 

会場は大盛り上がり!迫力の歌声に子どもたちも釘づけでした(●^o^●)

 

他にも、歌と紙芝居を交えたり、「夏」をテーマにした日本の歌をメドレーで

披露したり、と楽しいプログラムが目白押し♪

 

最後はみんなで大合唱をして終了しました(^◇^)

 

子どもたちにとって、ステキな夏休みのプレゼントになったようですね♪

 

 

さて、次回の「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.5」は

時間帯を変えてお届けします。

 

「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.5」

 

日時:8月21日(水) 13:30~14:00

 

出演者:Happy Melody 宮崎

 

参加費:親子1組500円

 

子育て中のママ演奏者たちが繰り広げる、ワクワク楽しいブラスバンドの演奏!

お楽しみに~(^^♪

 

絵本作家・サトシンさんが特別ライブ!!

梅雨の晴れ間がほんの少しのぞいた、6月27日の午後。

 

「うんこ!」や「ヤカンのおかんとフトンのおとん」などの代表作、新しい親子遊び「おてて絵本」の普及で有名な絵本作家・サトシンさんが、みやざき子ども文化センターに登場!特別絵本ライブを開いてくださいました\(^o^)/

 

自作の絵本の内容もとにした歌を交えながらの読み聞かせは、臨場感たっぷり!

 

子どもたちもすっかり絵本の世界に引き込まれていましたよ♪♪♪

 

サトシンさん、ぜひまた遊びに来てくださいね(^O^)

 

 

大人気♪「元気のための野菜果物学」

梅雨の合間に、ちょっとひと息♪

 

月に1度の人気講座「元気のための野菜果物学」が6月12日(水)、

「EHILAイベントスペース」で開かれました。

 

野菜ソムリエ協会ベジフルビューティアドバイザーの前田有紀子さんが

毎回、旬の野菜や果物のお話を交えて、それらの食材を使ったおやつや

飲み物を紹介してくださいます(*^_^*)

 

今回は親子7組が参加。

枇杷(びわ)とセロリを使ったジュースと

ブルーベリーを使ったマフィンを教わりました。

 

マフィンが焼き上がる間に、ジュースを飲みながら、枇杷やセロリの効能などについての

お話もありました。

 

焼き上がったマフィンもみんなで試食♪

 

子どもたちも笑顔でもぐもぐと頬張っていましたよ(^O^)

 

「今年の枇杷はとても甘い、とのこと。完熟のものをそのままジュースにすると、砂糖やはちみつなどの甘味料は必要ないくらい甘くておいしいですよ」と前田さん。

 

次回は7月10日の水曜日に実施されます。

参加費は親子1組700円(10組まで)。

※※※ 事前の申し込みが必要です ※※※

 

ご参加お待ちしています(^^♪

「街の小さな音楽会」スペシャル・プログラム開催しました!

本格的な梅雨の到来でしょうか。先週末からお天気の悪い日が続いていますね(^_^;)

 

さて、そんな憂うつなお天気を吹き飛ばそう!ということで、6月9日(日)

に開催した「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~VOL.3」。

 

今回は会場を日高本店プロショップに移し、ステキな皆さんをお迎えしておおくりしましたよ(^O^)

 

宮崎出身で、東京など関東を拠点に、日本各地、世界各地で活躍する

ヴァイオリニスト・山内達哉さん。

その山内さんのゆかいな仲間たち、小林真人さん(ピアノ)、井尻兼人さん(チェロ)、

大河内淳矢さん(尺八)、谷口潤実さん(パーカッション)の豪華な5人!

 

アイルランド民謡、クラシックの名曲からジブリのメドレーまで、さまざまなジャンルの曲を、

魔法のように次々と演奏していく皆さんに、子どもたちも釘づけ!!

 

最後はリズミカルな曲に乗って、手を叩いたり、踊ったりと大盛り上がり♪

 

楽しい音楽のプレゼントに、子どもたちの笑顔もはじけていました(*^_^*)

 

「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.2」開催しました♪

新緑香るすがすがしい季節になりました(*^_^*)

 

好評の「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.2」は、今回もEHILAイベントスペースで開催。

前回を超えるたくさんの親子が参加してくれましたよ\(~o~)/

 

今回は美しく、華やかなヴァイオリンとピアノの演奏を、日髙亜美さん・慶子さん姉妹が披露♪

 

弾むような軽やかな音やしっとりと歌うような調べに、ママも子どもたちもうっとり聴き入っていました。

 

ティータイムでは、出演者も参加者も同年代ということで、大盛り上がり!

 

「子どもが出来て遠ざかっていたクラシックの鑑賞を、久々に楽しむことができました♪」など、嬉しい声も聞かれました。

 

出演した日髙亜美さんも「子どものころから多くの音楽に触れるのは、子どもたちが育つ上で、とても大切なことだと思います。私たちも小さな子どもたちの前で演奏出来て、とても楽しかったです」と話してくださいました♪

 

 

さて、次回は場所をプロショップ日高に移して、和と洋の楽器が織り成すワクワクするような演奏をお楽しみいただきます(^^♪

 

 

「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.3」

 

日時:6月9日(日) 午前11:00~11:30

 

場所:プロショップ日高 2階

 

出演者:山内達哉と愉快な仲間達

    ☆山内達哉さん(ヴァイオリン)

    ☆小林真人さん(ピアノ)

    ☆井尻兼人さん(チェロ)

    ☆大河内淳矢さん(尺八)

 

参加費:親子1組 500円

 

※今回はティータイムはご用意していません

 

※事前にメールまたはお電話でお申込みください

 

お子さんが動いたり声をあげたりしても大丈夫です(^_-)

 

たくさんの皆さんのご参加、お待ちしています♪♪♪

 

 

「街の小さな音楽会~音育はじめてみませんか~vol.1」を開催しました♪

あちらこちらで見かける、真新しいランドセルを背負ったピカピカの1年生。

春ですね♪

 

さて、私たちはこの4月から、ママと子どもたちに向けた新しい音楽イベント

「街の小さな音楽会~音育してみませんか~」を開催!

 

4月16日(火)に第1回目を行い、たくさんのママや子どもたちが参加してくれました。

 

記念すべき最初の出演者は、国内外を中心に演奏活動を行い、現在は宮崎学園高等学校音楽科で後進の指導に当たっている、ソプラノ歌手の土田はなさんとピアニストの馬場沙央里さん。

 

曲の合間には詩の朗読、絵本の読みきかせも交えて、「早春賦」や「おぼろ月夜」、オペラの曲などを披露。

お二人の美しいピアノの音や歌声に、子どもたちは目をまんまるにして一生懸命聞いていました♪

 

最後は「ドレミの歌」を大合唱!子どもたちも体を動かしたり手拍子をしたり、

とっても楽しそうでした♪

 

演奏会の終了後には、出演のお二人も交えてティータイム。

ママたちは「歌やピアノは何歳ぐらいから習っているんですか」など

興味津々に質問。

みんなで和気あいあいと楽しい時間を過ごすことができました。

 

次回は5月16日(木)午前11:00~11:30

出演は「La joie(ラ・ジョア)」

    日高 亜美さん(ピアノ)

    日高 慶子さん(ヴァイオリン)

場所:EHILAイベントスペース

参加費:親子1組500円

 

ステキな音楽とお茶で、一緒に心癒される時間を過ごしましょう♪