「みやざき子ども文化センター」は、すべての子どもが人として、おとなと共にのびやかで豊かに生きられる社会を目指します。

kifu

特別定額給付金の寄付について

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の「特別定額給付金」につきまして、寄付をされたいとのお声を頂いております。
みやざき子ども文化センターでは、子どもたちへ「文化・芸術」を届けるための活動を20年間実施してきました。
 今この時期だからこそ、皆様のお力を頂いて、「君が主役だ!素敵なアート体験プロジェクト」として、子どもたちへコンサートやものづくりのワークショップを実施いたします。
 寄付金額は、10万円でなくてもかまいません。みなさまのお気持ちをアーティストと共に子どもたちへ届けます。

 「君が主役だ!素敵なアート体験プロジェクト」の詳細につきましては、下記内容をご覧ください。

今だからこそ、子どもたちへアーティストと共に芸術・文化を届けます!

『君が主役だ!!素敵なアート体験プロジェクト 
                      ~子どもたちに夢がひろがる毎日を~』

現在、宮崎県では学校も再開され、子どもたちの賑やかな声が響いていますが、この3ヶ月弱の休校で子どもたちも我慢をしながら過ごしていたことと思います。

そのような子どもたちに、私たちが出来ることは、
『君が主役だ!!素敵なアート体験プロジェクト ~子どもたちに夢がひろがる毎日を~』として、演奏会の実施やものづくりのワークショップ、ダンスプログラムなど「文化・芸術」(アート)を届け、少しでも心と体を元気にすることです。

そこで、みやざき子ども文化センターでは、20年間継続してきた子どもたちに「文化・芸術」を届けるための活動資金として、寄付のお願いをしております。
2020年9月以降、皆様から頂きましたご寄付をもとに、宮崎県のアーティストと共に子どもたちのところへ下記のプログラムを届けていきたいと思いますので、ぜひご寄付をよろしくお願いいたします。

〔プログラム内容〕
☆コンサートの開催
 ・クラシック、ジャズ、ポップス、ラテンなどの多様なジャンルのコンサートを開催。
 ・子どもたちだけでなく、子育て中の保護者も一緒に参加できるよう、地域の子育て支援センターや児童館等での開催
 ・「聴く」だけでなく、「体験」もできるコンサートを開催

  ※寄付金の使途:出演者謝金、音響費、楽器レンタル料など
  

☆ワークショップの開催
 ・造形家、デザイナー、彫刻家、建築家、俳優などアーティストによるワークショップの開催

         (過去の開催内容)
   〇造形作家・建築家による「ダンボールハウスをつくろう」ワークショップ
   〇パーカッション・ボーカルなどを迎え「カップス」を用いた音楽ワークショップの開催
   〇俳優を迎え「演劇ワークショップ」の開催
    ※寄付金の使途:講師謝金、ワークショップ材料費、保険料など
  

【ご寄付について】
  ご寄付頂ける方は、こちらの「寄付申出書」をお送りください。
  (お名前等の公表について、この申出書により確認させて頂きます)
 
  ◆企業・団体の方は、こちら ( Word / PDF )
  ◆個人の方は、こちら ( Word / PDF )
 
  ※寄付申出書送付先
   E-mail:center@kodomo-bunka.org  FAX:0985-61-3635
   郵送の必要な方は、ご連絡ください。
 
【振込先】
 銀行名   ゆうちょ銀行
 預金種目  普通預金
 店  名  七三八(ナナサンハチ店)
 口座番号  1976852